ichigo_ichie

2012年03月11日

東日本大震災から一年

昨年3月11日に発生した東日本大震災から今日で一年が経ちました。
被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に深くお悔やみを申し上げます。

シェルマンはこれからも時計を通して
少しでも心の安らぎを感じていただけるよう努めて参ります。





株式会社シェルマン スタッフ一同



posted by webmaster at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

カメラマンのお話


はやいもので、いつの間にか今年ももうそろそろ、なんて時期になりました。
この前、たまたま“シェルマンスタッフの日常”の前記事を目にしたら
あれからもう半年以上経ってたんですねぇ。
ホント、月日の経つのははやいものです。
最近齢のせいか、なぜかそんなことばかり考えてしまいます、、、って
私の歳でそんなことを言ったら、銀座店スタッフからは厳しいツッコミが入りそうですが。

前記事ではスタッフ募集の時期で、エラソーなことを
タラタラと書いた記憶がありますが、
現在、シェルマンWEB・広報の担当者は私を含め、2人。
新たに入社してくれたスタッフはもうすっかり一人前で、
WEB運営から販促物製作まで
何でもこなし、日々頑張っています。

こっちの方が毎日、勉強させてもらっているような……
そんな気分にさせてくれる、ホントに頼りになる相棒です。
部下ではなく、相棒と呼ぶあたり、
ちょっと情けないですが。。。

でも、このシェルマンWEB・広報。
社内でのスタッフは2人だけでも、
外部のデザイナー、カメラマン、システム管理、その他いろいろな人たちに支えられてます。

今日はそのなかでもカメラマンのお話。

前にもお話したとおり、ショッピングページの写真や簡単なDM、販促物の写真は、
社内で撮影するのがほとんどですが、大きなフェアや新商品の告知DMなどの
特別なイベント時にはプロのカメラマンに撮影を依頼します。

思えば、前職の関係もあり、これまでの(まだまだ短い!?)私の人生、
いろいろなカメラマンの方に刺激を受けてきました。

一番最初に時計に関心を持ったのも
あるカメラマンとの出会いがきっかけだったし、
編集者時代、はじめてバーゼルに行けたのも、
当時、目をかけてくれたカメラマンが私を推薦してくれたからだし……、
不思議とカメラマンという職業の方とは縁があるんですよねぇ。
あ、そういえば、親父もカメラマンだったっけ。


そして、ここ最近お世話になっているカメラマンもやっぱり、
私にとってはインパクト大の、とにかくスゴい方です。

何がスゴいって、時計業界じゃ誰もが知っている有名な方で、
僕なんかがこの業界に入るもっと前から時計に携わってきた方で、
いつも不眠不休でお仕事をされている方で、
でも僕なんかの愚痴まで聞いてくれる心の広い方で(苦笑)、

ここで写真がとにかくお上手で。。。なんて当たり前のことを言うのも
あまりにも野暮で、逆に失礼になってしまいそうなので、
僕がこのカメラマンの一番スゴイって思うところ。
というより、もっと素直な言い方をすると大好きなところ。

それは、そのカメラマンが撮影した写真には、
いつもその時計の一番の魅力が写しだされていること。

素人には計り知れない、計算された角度や光のなかで、
あー、やっぱ、この時計ってこんなにカッコ良かったんだー。
って再認識させられたのも、一度や二度じゃありません。

カメラマン曰く、その対象物を撮影するときに
そこに関わる歴史や人間を想像しながら撮影するんだとか。。。
アンティークウォッチならそのブランドにどんな歴史があって、
つくられた背景や職人がどんなことを意識してその時計に向き合ったのか、
そして撮影を依頼する僕らのことも。

だからこそ、そんなカメラマンに撮影を依頼するときは、
いまだにちょっと緊張するんです。
キャリアや知識がすべてじゃないけど、編集時代のちっぽけな!? プライドもあって
自分の本当につくりたいビジュアルは明確にできているか?
DMの、カタログの、完成図は描けているのか?
いつも自問自答してます。 

でも、納品日にはそんな緊張もふっとんで、最高の刺激が待ってます。
へぇー、すげー、ひゃーっ、なんて、オマエ素人か!? ってリアクションばかり(笑)。

それほどまでに完成度の高い、限りなく理想に近い
最高のパフォーマンスで応えてくれる
“職人さん”がいるから、ここでのモノづくりはちょっと刺激的なのかもしれません。

ちなみにここ最近の“刺激”はこれ。
ある雑誌の広告ビジュアルでした。


20101111.jpg



これから年末に向けて、新作の発表やイベント告知など、新規WEBページ、販促物も目白押し。
熱の入った作品を皆さんにお届けできるよう、頑張りますのでよろしくお願いします。


                              シェルマンWEB・広報
                                      R.T
posted by webmaster at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

WEB・広報に応募していただいたすべての方へ

只今、シェルマンWEB・広報では新たなスタッフを募集中です。
おかげさまで多くの方々からご応募いただき、
日々面接をさせてもらっています。
正直、これほど多くの方々にご応募いただけるとは
思っていませんでした。
本当に、ありがたいことです。

こんなご時世とはいっても、たくさんの仕事、会社が存在するなか
このシェルマンのWEB・広報の仕事をしてみたいと思ってくれる人が
こんなにたくさんいてくれることに、心から感謝です。

応募してくれる方々それぞれにいろいろな想いがあり、
思い描いているWEB・広報という仕事像があるとは思いますが、
僕が思うこの仕事は、担当する人間次第によって
いかようにも変化するものだと思っています。

日々、やりがいのある刺激的な仕事にするのも、
日々、ルーティンワークをこなすだけの仕事にするのも。。。

日々のルーティングワークは非常に大切で、
重要なお仕事のひとつです。
でも、そこで終わる人は、とってももったいない気がします。

この仕事を楽しめる人は、その醍醐味を、奥深さを、
追いかける探究心を持ちながら
それをかたちにし、表現していける人です。

“時計”というキーワードはありますが、
そこには古き良き時代の名品、最高の時計師、
オリジナルウォッチ、現代の素晴らしい時計……
と、いろいろなジャンルが存在します。

メンズやレディースの垣根を越えて、
そのすべてに関われるのがWEB・広報という仕事です。
シェルマンのなかでそこまで広く、
多ジャンルに渡って時計という世界に関わることができるのは、
このWEB・広報だけです。

だから、WEB・広報に関しては得意分野はあるにせよ、
メンズ担当者、レディース担当者、という担当分けはしません。
まぁ、少人数制で担当制にするだけの人がいないってことも
ありますが(笑)。

だからこそ学べることは多いし、結構、刺激的です。
逆にどちらかの仕事しかできない人には、
どこか物足りなく、つまらなく思えるかも知れません。

もちろん仕事なので、すべてが楽しく、
日々順風満帆なものではありません。

日々ドタバタと一日が過ぎ、
気がついたら事務所にたったひとり。。。
時には休日返上もあったりして。。。

でも、それを帳消しにしてくれる瞬間や出会いが、
この仕事にはあります……。

WEBを通して時計とお客様の大切な出会いを紡げたり、
製作したDMやカタログが好評だったり、
自ら導入したブランドや買い付けてきたアンティークが
お客様に喜んでいただけたり、
まだ日本で見たこともない素晴らしい時計を探し当てたり、
世界を代表する時計師達とお酒を飲みながら大騒ぎしたり……

そんな瞬間や出会いを一緒に探し求めてくれる人。

待ってます!

               シェルマンWEB・広報 R.T
posted by webmaster at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

シェルマンサイトの担当者って?

みなさん、こんにちは。

今日はいつもとちょっとだけ趣向を変えて
シェルマンスタッフのお話〜。

フェアの告知や時計の話もいいけれど、
たまにはこんなのもいいのかな、なんて。

思いっきり、身内ネタの内輪話だけど、
許してくださいな。

さて、このシェルマンサイト。
今、社内で担当しているのが3名。

頼りなくて、情けない、
でもつかえないとだけは言われたくない。
日々奮闘中のWEBの素人、私!? を筆頭に

頑張り屋さんのスタッフが2名。

ひとりはまだ入社したばかりの新人さん。
ひょっとして、私の仕事ぶりにもう幻滅してるんじゃ……?
なんてことを思わせるほどのしっかり者。
この先がほんとうに楽しみ。。。

そしてもうひとりは約一年、
このサイトと私を支えてくれた
癒し系の愛されキャラ。


そんな彼女が4月から店舗勤務に異動になります。


はじめは、お世辞にもPC関連に強いとはいえなかった彼女。
でも、時計の撮影からサイト運営まで一生懸命頑張ってくれました。

私の真向かいの席でいつも『う〜ん…』と
ブツブツいいながら、
モニターと睨めっこしてました。

時には、プロカメラマンの撮影中に突然顔を出し、
撮影の仕方を聞きに来たり、

時には、上手く撮れた画像をにんまり眺めていたり、

時には、納得がいかないのか、何度も感想を求めてきたり、

時には、お菓子片手にボーッとしてたり(笑)。


どうすれば、もっと上手く時計の撮影ができるか?
どうすれば、もっと商品の魅力を伝えられるか?


多分、いっぱいいっぱい考えていたんだろうなぁ、と思います。


残念ながら、シェルマンのショッピングページを
撮影しているのは
私も含め、プロのカメラマンではありません。

まだまだ撮影は未熟だし、
あら? 実物の方がこんなに綺麗だったんだ。
なんてお店で言われることもしばしば。
……え、私だけ?

でも、ありきたりで、格好つけすぎかもしれないけど、


『一生懸命、撮影してます』


正確には時計一本、一本と


『真剣に向き合ってます』 かな。


ホームページからしか時計を見ることのできない
ご遠方のお客様に、

忙しくてなかなかお店に足を運ぶことのできないお客様に、

少しでも自分たちの好きな時計の魅力を
多くの人に伝えられるように。


そして一期一会の出会いを紡げるように。


とてもWEB専任とはいえない環境で、
日々雑務や他の業務に忙殺されるなか、

いつの間にか少しマンネリ&ルーティン化していた
ショッピングページに商品をアップするという

いちばん、基本の

そして

いちばん大切なことを

私にあらためて、気付かせてくれた

WEB担当、K.Hさん!


ありがとう。


そして今まで本当にお疲れさまでした。


4月からは、その持ち前の愛されキャラで
店舗で多くのお客様を虜にしちゃってください。


              WEB・広報 R.T


シェルマンサイトをご覧いただいている皆様。
ショッピングページで、他に時計のこんな画像が見たい!
または時計のこんな詳細が知りたい!
という皆様のご意見、ご要望をお聞かせください。

ご意見、ご要望はこちらから




posted by webmaster at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

シェルマン広報の野望……!?

20071130.jpg
シェルマン初の大型ビジョン広告!?

何だか急にあわただしい季節がやってまいりましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

ラグジュアリーブランドの集合で
ますますブランドストリート化している銀座ですが、
シェルマンでもそんな活気にあやかりたい! ということで
やっちゃいました……。

お、お、大型ビジョンCM!!
よく有線や映画予告なんかを放映しているアレで、
うちのオリジナルウォッチを紹介できたらな〜
なんて密かに抱いていた、
広報担当の野望がついに実現しましたー!


20071129.jpg
シェルマングランドコンプリケーション プレミアムが!!

しかも30秒CM。
もちろん紹介するのはシェルマンオリジナルウォッチの新作、
グランドコンプリケーション プレミアム!
時計雑誌や一般誌に掲載していただき、
今やおかげさまで売り切れ状態のおススメの1本です。
※12月初旬には再入荷予定なのでどうぞご安心を!

でも、30秒って意外と短いようで長いですねー。
信号待ちでもなければ、なかなか終わりまで見てもらえないのでは?
というのが素直な印象でした。

でも、嬉しさのあまり、寒空のなか
何度も鑑賞し、風邪をひきながらも
ブログに自信満々にアップするバカがここにひとり……。

次はビル広告か、駅地下広告かーっ!
……そんな予算ないってば……。

★気になる30秒CMは
銀座4丁目、三愛ビル2階の大型ビジョンでご覧いただけます!
放映期間は〜12月21日で
時間は毎時間12分30秒〜30秒で朝9:00〜24:00まで。

皆様くれぐれも風邪などひきませんように……。





span style="font-size:small;">気に入ったらクリックをお願いします。→人気blogランキングへ






posted by webmaster at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

こんな日には家でちょっとのんびり……

みなさん、こんにちは。
梅雨らしい雨が続いていたと思ったら、今度は台風。
せっかくの連休も外出できずにフラストレーションをためている方々
も多いのでは?

そんなときにはのんびりパソコンの前で
ネットサーフィンってのもいいですねー。
そうしたら、たまたまオンライン限定でステキなフェアを
開催しているのを見つけちゃったりするかもしれませんしね。
ほら! こんな風に。

http://www.shellman.co.jp/item/07summer_fair/index.html


070710_2.jpg
オリジナルウォッチはシェルマン特別製高級工具セットがついてくる!



070710.jpg
アンティークはメンズ・レディース共に35本一挙お披露目!

へぇ〜、今買えばこんな特典がついてくるのかー。
じゃ、今回の連休は外出の予定も流れたし、
時計を買っちゃうのもいいかなー。
……というステキなお客様、ぜひお待ちしております(笑)。

オンライン限定のシェルマンオリジナル&新着アンティークウォッチ
サマーキャンペーンは7/31まで開催中ですので、
ぜひこの機会にご検討ください。

そして今日お知らせしたいのは、今年シェルマンが強力にプッシュしている
新ブランド『モーリス・ド・モーリアック』の2007年バーゼル発表ニューモデル!


blog13.jpgblog12.jpgblog1.jpg
■2007年バーゼル発表ニューモデル■



……え!? 何そのブランド? 
そんなあなたは、ちょっとこのページに寄り道してから
また来てくださーい!
http://www.shellman.co.jp/item/mauriac/index.html

……どうです? 興味ありません?
各ブランドが軒並みニューモデルの発表などで
既存のレギュラーモデルもつられて価格アップ、なんて昨今。
このあたりの価格帯の時計がホントに少なくなりました。
ネームバリューやトレンドだけの時計選びに食傷気味のあなたにも
絶対おススメのブランドです。

そんななかでも今回紹介の新作は、ちょっと異色の
ダイヤ取り巻きモデル。
ブラック&レッドゴールドのレギュラーモデルのラインナップが
揃ったところでモーリアックらしさを残しながら、
ちょっと遊んでみた新作!? といえるかも知れません。

思わず目を覆いたくなるような宝飾系ではなく、
トレンドを意識したジュエリーモデルというわけでもない。
漆黒がウリのダイヤルはそのままに、ベゼルにはそれをさらに
強調させるブラックダイヤを敷き詰めました。

けっこうシブいでしょ? 
こんな時計をつけこなせるような大人になりたーい!

という訳で、近日発売予定のこの新作。
日本で手に入れられるのは、伊勢丹メンズ館と
シェルマンオンラインショップのみです。
入荷本数もなんと1本のみ!
みなさんお楽しみに!!

オンライン限定サマーキャンペーン、
モーリス・ド・モーリアック、その他
なんでもお問い合わせは以下からどうぞ!
http://www.shellman.co.jp/about/contact.html



span style="font-size:small;">気に入ったらクリックをお願いします。→人気blogランキングへ










posted by webmaster at 13:17| Comment(0) | TrackBack(1) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

シェルマンオリジナルウォッチ再考!

IWiW?1.jpgIWiW?2.jpgIWiW?3.jpg

今日もちょっと耳寄りなお知らせ!
実は今、シェルマン銀座店で少し面白いことしてるんです。
題して、シェルマンオリジナルウォッチ展!

シェルマンオリジナルウォッチといえば、遡ること11年前……。
創立25周年を記念して製作された“ミニッツリピーター”から
そのすべてが始まりました。
以後、グランドコンプリケーションクラシック、
グランドコンプリケーションブラック、
サイドスライドミニッツリピーター、
ワールドタイムミニッツリピーター“クロワゾネダイヤル”
と様々なモデルが発表されましたが、
そのなかには今やどうしても手に入れることのできない
魅惑のレアモデルがあるんですよ!

た・と・え・ば、
ワールドタイムミニッツリピーター“クロワゾネダイヤル”なら、
2003年バーゼルエディション(限定100本)。
サイドスライドミニッツリピーターなら、
ミレニアムモデルの香港バージョン(24本のみ日本に逆輸入)。
グランドコンプリケーションスポーツなら、
赤針モデル(限定100本)。

などなど……。

このあたりを既にご存知のあなた、
かなりのシェルマンフリークです!
それなら持っているというあなた、
シェルマンではただ今、新入社員を募集中です(笑)。

冗談はさておき、そんな激レアモデルを今、シェルマン銀座店で展示中です。
参考商品とはなっていますが、ぜひ一度、ご覧下さい!!


そして、待望の新モデルも近日中に発売です!
まだ、まだヒ・ミ・ツですけど、
近々お知らせしますので、お楽しみ!!


span style="font-size:small;">気に入ったらクリックをお願いします。→人気blogランキングへ







posted by webmaster at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

クリスマスフェア終了!

こんばんは。

11月24日〜12月24日までのクリスマスフェアが終了しました!
フェアが始まってからアッという間に終ってしましましたが、
過去にないほど大好評をいただきました!

これも全て皆様のお蔭です。ありがとうございました!
これからも皆様がワクワクするような、楽しいイベントをどんどん
企画して参りますので、

今後ともよろしくお願いいたします。
posted by webmaster at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

やっぱり一期一会!

burogugazou2.jpg burogugazou.jpg

このブログでもご紹介してきた独立時計師・フィリップデュフォー氏の来店。
皆さま、お忙しいなか、そしてご遠方からもお越しいただき、
誠にありがとうございました.

デュフォーさんも、とにかく大喜びでした!

期間中、店内奥のデュフォーデスク!? からは
一日中、デュフォーさんとお客様の歓喜の声が……。
デュフォーさんも、時計の話となると食事も忘れて、エキサイト!
記念撮影も一体、何枚撮ったことか。ちなみに店内でスマイルぷりーず!
って連呼してたちょっと怪しいカメラマン役、僕でした……。

でもこの写真撮影、デュフォーさんの強い要望でもあるんです。
自分の時計を愛してくれるお客さまとのコミュニケーションはもちろん、
自分がすでにつくった時計を愛用してくれているお客さまとの写真は、
その時計をつくった頃を思い出しながら。
そして現在オーダーをいただいているお客様との写真は、
その写真を見て、実際にお客様の顔を思い浮かべながら時計をつくりたい
というのだから、ただただ、脱帽です。

なんだか、本当の“一期一会”っていうものを
勉強させてもらった気がしました……。


シェルマンWEB R.T



気に入ったらクリックをお願いします。→人気blogランキングへ







posted by webmaster at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

一期一会なおはなし

RAND.jpg
猛暑つづきの毎日ですが、皆さん体調など、くずされていませんか?
このブログも始まってはや数ヶ月。今日はいつもとちょっと趣向を変えて、
今さらながら、シェルマンブログichigo-ichieの由来について
書かせてください。

ichigo-ichie(一期一会)
あーありがちなネーミング! なんて声も聞こえてきそうですが、
僕にとってアンティークウォッチから連想する一番の"ことば"はやっぱり
これなんです。
今日は、そんなシェルマンWEB担当Tのアンティークウォッチとの
ichigo-ichieなお話〜〜。

〜3年前、僕はある編集プロダクションに在籍していました。
そこでたまたま担当になった某時計雑誌の編集。
腕時計にはもともと興味のある方でしたが、
その対象はもっぱら現行時計。
一番最初に書いた時計の原稿はブライトリングだったので、
今度時計を買うなら、まずナビタイマーと心に決めていたほど。
そんななか、偶然にも任されたアンティークウォッチのページ。
アンティークのよさを自分なりに探していきながら、
カメラマンといくつかのアンティークショップを
店頭撮影や取材でまわる毎日。
そして、出会った一本の時計こそ、
ギャレットのフライングオフィサーでした......。

その当時はブランド名もモデル名もまったくの未知。
でも、"そんなもんいらないから俺を見ろ! "
って、自分より長生きの、その時計はアピールしてました。
その瞬間から、仕事そっちのけで、というより職権乱用にも近い!?
その店(正確には時計)へのストーキング(笑)。
ガラス越しに何時間もその時計を眺め続け、
気がついたら、ローン用紙握ってました。
今思うと、握らされていたのかな?

実際に時計を手にしてからは、一日に何度、時間を確かめたことか。
電車のつり革につかまってはボーッとダイヤルに見とれ、
徹夜続きの厳しい仕事も、この時計を眺める束の間の癒しに
かなり助けられました。
振り返ると、たった一本の時計を手にするまで、
いろいろな出逢いや、想いがありました。
通い詰めたショップの店長はもちろんのこと、
忙しい合間に仕事抜きで何度も時計店に同行してくれたカメラマン、
あげくの果てには、スタジオで雑誌用の撮影にまじって、
自分の時計を撮影してもらったり。

そして今、さすがに購入した当初ほど、
この時計一筋というわけにはいかないけれど、
ときどき眺めると、やっぱりそんな日々を思い出したりするのです。

それが何となく心地よかったりして。

"おい、感傷に浸るのもいいけど、
そろそろ俺の傷だらけの風防何とかしろよな!"
なんて声もちょっと聞こえてくるような。

でもそんなあの時の一期一会が忘れられなくて、
誰かに伝えたくて、
時計屋になっちゃいました。

今はこのWEBで、あなたと、あなたの時計との一期一会のものがたりに
ちょっとお邪魔できたらなーなんて厚かましいこと本気で考えてます。
これから皆様よろしくお願いします。

           シェルマンWEB R.T

気に入ったらクリックをお願いします。→人気blogランキングへ




posted by webmaster at 15:32| Comment(0) | TrackBack(1) | Shellmanスタッフの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright (c) 2005 Shellman All right reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。